これからの子育て

目次

競争がなくなる?

私は、これからの世界は、誰が1番とか、勝ち負けとか
考えすぎなくていいと思っています。

子育ての雑誌は、大抵〇歳で何ができるとか、小さいうちに幼児教室へっていうような内容だけど、それって型にはめられている感じがしませんか?

子どものことをよく見て、一緒に遊んで一緒に笑って、泣いて、怒って、寄り添っての基本がないのに、頭に詰め込んでも、種をまいても、大丈夫なのかな?って

子どものやりたいっていう気持ちだったり
子どもの食べたいっていう気持ちだったり
時間が無いから
服が汚れるから
ですませてないかな。って

子どもをよくみて、育てていたらちょっとずつ自分の子育ての軸が出来て、育児書なんか読まなくても、考えて子育てできるんじゃないかって本気で思ってるんです。

そして、みんな間違いながら子育てしたらいいと思うんです。
そして、1人で育てずに、信頼出来るたくさんの大人と子育てしたらいいと思うんです。
わたしはそうやって育児してきたから笑

子育てに正解はない

って言う言葉は
自分の考え方を持って愛情持って育てていたら大丈夫ってこと
じゃないかと思うんです。

子どものことを思って、これやっていたら将来好きになるかな?とか未来の可能性を育てようとしてるんですよね?

未来はわからない。
から、今を無駄にしちゃダメで。
携帯ばかり見てしまう世の中になってしまったけれど笑

携帯捨ておいて、子どもの目線で一緒になんでもやってたら、子どもたちは大人を信頼してくれるし、ちゃんと言うことも理解してくれます。
電車で大きな声を出してはいけない。走り回っちゃいけない。
などの公共マナーも3歳になる前から言い続けていればわかります。
これが、律するということだと思ってたりします。

子どもだから、見守ってればなんでもOKはちがいます。

マナーや大切なことは言い続けないといけないんです。
そして、いつか絶対わかってくれる日がきます。
子どもにとっても大人にとっても腑に落ちるっていうことがとてもとても大切なこと。

自分の中に落とし込めた時、理解して行動に移せるんだと思います。
心のどこかで言っても仕方ない。って思っていたら子どもに見抜かれてるんじゃないか?と


子どもたちは、生まれた時から私たちより優れた存在だと思って接したらいいんじゃないかとおもっています。
そうすれば、教えてもらうという姿勢になってなんでも楽しめるんじゃないかと。
新しいことってワクワクするじゃないですか。

子育ても本来はそういうものだとおもいます。

けれど、今のお母さんやお父さんは忙しすぎる笑

自分の時間をとる時間さえない。
そうなると、心の余裕がなくなり、イライラしやすくなる。
子どもは何も悪くないのに、自分の感情をコントロールできないからイライラして八つ当たり

ほんと泣きたくなりますよね。

行きすぎると虐待。
麻痺してきて虐待死。

明日は我が身では?と思ってしまうほど追い詰められているお母さんたちもいるでしょう。

私もその1人でした。
だから楽しそうに子育てしてる人でも、起こりうるんです。

余裕がなくなるって怖いことなんです。

だからね、1人じゃないって思って欲しい。
みんなも、周りの子育てしてきた人たちもみんなそういう気持ちになったこと1度はあるということを忘れないで欲しい。

みんな、悩みながら生きて、子育てしているとおもっています。

どれが正しい、間違ってるじゃない。みんな自分の子どものことをよーく考えて行動してるんだってこと。周りの人達も気付いてほしい。そんな考え方あるんだって多様性を受け入れられる、人間で私はありたいなと未熟ながら思う日々です。

少しでも心が軽くなるよう、色んな考え方を発信できたらいいなぁ(^^)

いずみんでした!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる