セミナージプシーの私が変われたわけ

みなさんおはようございます、こんにちは、こんばんは!
まあいっか!子育てでお馴染みのいずみんです(^^)

今日の質問
あなたは、高額セミナーに行ったことがありますか?

私は、独身時代から自己啓発系の本やらセミナーやらに興味を持ち、よく行っていました。
ウン千万円使っていたらネタにもなるのでしょうが
そんなお金使ったことも無く笑

自分のお給料で、行きたいセミナーにコツコツ通っておりました。
セミナーに行った直後は、やったろか!
という気持ちになるも
長続きせず、同じことの繰り返し
所謂、セミナージプシーだったのです。
その時の私は、誰かにいいと言われたことに流されて、自分軸を持っているようで持っていない。そんな人間でした。

自分で責任を持ち、選択することは
自分の人生を自由自在に生きていくこと。
どんな事柄も、自分が全て引き寄せている。
と聞いたときには
えー!こんな辛いことも?って思ってました

辛いことも引き寄せられるなら
幸せも引き寄せられる

そう思えたことから
幸せばかりを選択する毎日に
変わっていきました。
「私はどっちが好き?」と聞くところから
化粧をしてない自分としてる自分
どのもやしが好きなのか
好きでは無いものは買わない。
そんな概念は毛頭なかったので

これは、必要か不必要か
この道が最短距離だから
可愛く見られるかどうか
など他人のことを気にして
自分の好きを遠ざけてしまう
そんな日々に慣れてしまっていた私は
戸惑いながら
「ピンとくるもの」
「どっちが好き?」
を続けることにしました。

私の師匠は、人生を豊かに自由自在に操る術を身につけさせてくれて
私を光の方へ、幸せの方へ引っ張ってくれた。

来てくれるものから幸せを選ぶんじゃない
自分が幸せと感じるものをつかみに行く。
責任が伴うかもしれない。
責任転嫁が慣れすぎていた私は
ここでも戸惑う。
誰かのせいにした方が楽
誰かの言うことを聞いていた方が楽。

これは、楽なようで実は自分の首を絞めてしまっていることに気づいた。
好きなものから食べてみる。
好きなものに囲まれてみる。
好きな時間を過ごす。
誰に何を言われても。

私は、もうきっとセミナージプシーにはならない。
私が学びたいと思うものに、行き。
すべて肥やしにしていくのだ。

セミナージプシーが悪い訳では無い。
でも、私にはもう必要無くなっただけ。
自分に自信がもてなくて
自分を高めれば、自信がつくと思っていたけど
違ったみたい。

私はわたしで
いられればよかった。
ただ、それだけでよかった。

心屋さんの言ってること少しわかった気がする。
どんな言い回しかは、違うかもしれないけど

どんなものを持たなくても
自分で幸せだと思えるなら
それでいいってこと。
ただそれだけ。

いずみんでした。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる