世の中のかーちゃんいつ寝るのか問題

みなさんおはようございます、こんにちは、こんばんは!
まあいっか!子育てでお馴染みのいずみんです(^^)

みなさんは、いつ寝ていますか?
子どもたちの朝は早いですよね笑
夜はやることも沢山あるし、子どもたち寝てから片付けも……
おかーちゃんはいつ寝てるの?笑
そして、働いてるおかーちゃんは、睡眠時間そんなに短くて大丈夫なの?笑

子どもが小さければ小さいほどしんどくないですか?笑

その問題、解決できるのか!?
私はその人その人に合わせた解決方法しかないと思っていて。
その人に合う、睡眠時間と働き方と家事炊事のこなし方。あとこだわり笑

それを上手く組み合わせて、
何をとって、何を捨てるか笑
全部カンペキの方もいらっしゃるでしょう!
しかしながら、カンペキを目指さずに楽しくいくには!を考えていきます笑

私は、「食べることは、生きること」
と教えられ育てられてきました。
食べることで、身体は作られる。
身体の基本は食。で健康の基本も食。
なので、ごはんは美味しく楽しく食べるがモットー
子どもたちにも、基本的なしつけはしますが
食べる食べない。は任せています。
というのも、あれ食べなさい、これ食べなさい。言われるのが嫌だった私は、同じことを子どもたちにしたくないので、食べたくなかったら食べなくて良い。でも後でお腹がすいた時教えてね。です
なので、食にはある程度気をつけてあげたいんです。
それが、私のこだわり。
これをこだわりつつ、時短を考えると
冷凍や、つくおきに助けてもらわないと回らなくなってしまいそうですね。

そこで、1週間の献立を考えるを軸に
節約や無駄買いを無くす。を考え
書いていきます。
作るものが決まっていれば、だいぶ時短に。

あとは、「TO DOリスト」を作り
早くこなす順に並べ、どんどんこなしておきます。
明日できることは明日に、ではなく笑
新しいやること。が増えていきますので
今日できることは、無理なく今日!が私の目標です(◍´꒳`)b

子どもたちのこなすこと。が何より先ですが、
自分の書かないといけない書類や
仕事の納期
を、書き出しておく。
それだけで頭が整理されて、何するんだっけ?と悩む時間が時短です。

あとは、子どもの寝ている時間を活かす。
朝早く起きて、子どもたちの寝ている時間を有効活用。
これは、やりたいことの10分、30分、1時間のどれかをピックアップして、やっています。

特に子どもたちが小さい間ほど、有効で。
子どもたちが寝ている=邪魔されない。
ことがわかると、
子どもたちがいても、できることを後回しにして自分優先の時間ができるのは
何よりも幸せ!な私でした(^^)

あとは、自分がどのくらい寝たらスッキリするのかを知る。も大切ですね。
私は寝るのが大好きなので、結構長めに欲しいタイプです笑
それを元に、寝る時間起きる時間を設定し、残りの時間でやらなければいけないこと
を振り分けて時短を使いつつ、一日をすごしています。

どうですか?
出来そうですか?
1、自分がどれだけ寝たらスッキリするか、知る
⇒睡眠時間大切。少なくなるとイライラしたり余裕がなくなります

2、自分のこだわりを残しつつ、時短できるものを探す
⇒こだわりは大切。こだわりつつ、折れれるところで時短を考えてみる

3、自分がホッとしたり、ゆっくり出来る時間も時短で作り上げる
⇒自分の時間も大切。10分でも20分でも子どもたちのことを考えずに済む時間を作る

なかなか、大変な時期ですが
みんなで楽しく乗り切りましょう!( •̀ω•́ )/

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる