事故の後の診断書

みなさんおはようございます、こんにちは、こんばんは!
まあいっか!で子育て。
お馴染みのいずみんです(^^)

事故の後って、ちょっと落ち込みますよね。
今回は、おかま(追突)された私のお話。

過失割合は、10対0
相手がよそ見していて100パーセント悪い場合。
私は頚椎捻挫と腰痛が長引いております。
果たしてずっと通院できるのでしょうか…

先に結論からお伝えしますと
やはり、自分の入ってる保険の種類により
色々違ってきます。
今回、私は弁護士特約のついている保険でしたので
相手方の保険会社の、不誠実な対応
に悩まされていたのを解決出来ました。

また、お見舞金などの後々支払われるお金ですが
弁護士さんがついてくれていると多少金額が変わるとのこと。
ほんと、保険は何かあった時強いですよね。

不誠実な対応というのも
ぶつかられた衝撃で首が痛いのは3ヶ月ほどで収まるからそれ以上は治療費払えません。とか何とか
こちらも勝手に通院している訳ではなく
医師の先生の指導の元通っているので
向こうのいちゃもんと言えます。
事故で大変でしたね。とかそういうのもなく
明らかに示談早く終わらせたい。という気持ちなのかなんなのか
不誠実すぎる対応に、嫌気がさしていました。

そして、事故後必ず必要になるのが
診断書。
警察に提出する分は、保険会社が払ってくれますが
その後に、弁護士さんに提出する分は
費用が発生します。
知らなかったので、今日サイフ持って行ってなくて
もらえなかったのは私です笑

だって、リハビリとか費用かからないから
送り迎えの後そのまま行ったんだもの。
だいたい病院によりますが
2000-5000円くらいの模様。

あとで、お見舞金たっぷりもらいますからね!って思ってしまいました。
だって、精神的苦痛がすごい。
病院通いに、子どもたちの抱っこも思うように行かず、仕事も痛くてできないし
ある意味死活問題ですよ。
それに来て、あの不誠実さ。
ほんと、弁護士先生におねがい出来て良かったです。
絶対の味方で。門番で。SP

おかげで悩みがひとつ減りました。
事故起きて欲しくないけど、確率的な問題がありますから
仕方ないです。
明日以降も時間の許す限り元の身体に戻れるようにリハビリします。
ではまた!

保険を確認し、弁護士特約が着いている場合でも弁護士費用が出るか確認してから、委任することをオススメします。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる