人は失った時にしか、大切なものに気づけない

みなさんおはようございます、こんにちは、こんばんは!
まあいっか子育てでお馴染みのいずみんです(^^)

みなさん、最近「大切なもの」なにか無くしましたか?
私は、大切にしていた本を無くしました。
基本的に、本は読み終わったら次の人もしくは、ありがとうございました。をしてさようなら。
なのですが、何度も何度も読みたい本は
置いてあります。
その本も何度も何度も読んで、持ち運んでいたので
角はボロボロに。
先日少し部屋を移動する際、本を大移動させたのですが……
何度か読みたい本コーナーをまとめて移動したはずなのに……ない( ;꒳​; )

読もうと思った時に、「ない」から
気づいたんですよね。
何度も何度も読みたい本は、自分にとって大事なんだって。

「もの」ならまだ買えば何とかなるかもしれません。
これが、「ひと」なら?
失った時には、もう会えません。
「体験」なら?
二度と同じ環境、同じ年齢では無理かもしれませんね。

やはり、「人」が1番難しいところだと思うのですが、なかなか失う前に大切だなぁ。と感じることは
難しかったりします。
もちろん、大切にしている。のですけど
目の前からいなくなる。
ならまだ会える可能性があるかもしれませんが
亡くなる。
では、もう実物には会えませんね。

なので、私は「人」と別れる時(普通にさようならの場合も)、どんなに機嫌が良くなくても、怒っていても、笑顔で別れたい。と思うのです。
それは、私の自己満足です笑
それは、どちらかに不幸があった場合、最後に会った時の顔が笑顔なら、素敵かな?と思うのです。

今回の例は本でしたが
美容院の友人と話していた時に出ていた話ですので、彼の場合は
お客さんを失くした時(指名されなくなった)とき、注意されなくなった時、教えて貰えなくなった時、に大事だったのだ。と気づくんだよね!と

なので、それを経験してきた人達は、後輩がそうならないように指導しますが、結局のところ本人が体験すること(色んなものを失う経験)で、気づくことですから
いくら教えても、伝わらないことが多いです。

最大限教えることは出来ても(自分でコントロール出来る範囲)
相手に落とし込むことはできない(自分でコントロールできない範囲)
これは、自分でコントロールできるのか、できないのか。を知っているだけで楽になれます

自分にコントロールできること。
は自分で調整し
自分にコントロールできないこと。
は、自分でできることはすべてやった上で、相手に任せる。そしてその結果に何も言わない

が今の私の中でいいかな。と思っていることです。

人は失ったとき、大切な存在に気付く。
失った時に、気付かずに
失う前から、大切に感謝していきたいな。
とおもいます。

いずみんでした(◍´꒳`)b

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる