息子も娘も無事に進級しました!

みなさんおはようございます、こんにちは、こんばんは!
まあいっか!で子育て。
お馴染みのいずみんです(^^)

近くの小学校で入学式をやっていて
数年後には息子が小学生になるかと思うと
月日が経つのは早いことをとても痛感しています。

幸せのカウントを
また始めた時
どうやったら楽しいか?を考えた時
私は気持ちの変化があることに気づきました。

何故か、何が起こった時に
直ぐに怒りの沸点が来るわけでなく
次どうやったら、いいかな?と
子どもたちと一緒に考えている自分がいます。

これってすごくないですか?
わたしが!ではなく
ちょっとした考え方ひとつで
こんなに違うとは驚きでした(;▽;)

いやー、自分すごい!
↑↑↑結局褒めるのか笑
と思いつつも
みなさん、騙されたと思ってやってみて欲しい。
やってきた困難に、よっしゃきたきた!
楽しむゲーム!みたいなね笑

これができるようになれば
だいぶ成長するかな。と自分では
思っています。

それに、自分の環境の中で幸せをみつけがち
なのですけれど
外に目を向けてみると
ほんとに色んな方々がいて
面白いんですよ。
外の世界の幸せにも目を向けてみる。

比べるとかじゃなくてね。
あーこんな人いるんだー、こんな人いるんだー。みたいな感じで
そこでフィーリングがあった方と会ってみたりね。
出向いてみたり
そこで、はじめましてー。してみて違和感がないか?
大事だよね。

この人見たくなりたい!って場合は
もう、聴くのが早い笑
教えてください。って
それで、教えてくれなかったら
自分の理想像に近い人をまた探す。
の繰り返し。
これで、理想にだいぶ近づくはず

理想に近づけたら次は
自分で何ができるか考えていけばいいのかな。
目標があってそこに向かって行けるように
目標がぶれない方がいいよね。
どうなりたいか、どうありたいか。
自分の中で探してた方がいいよね。って思います。

私もすでにある答えを
明確にしていくところ。

どうしたいのか?
どうありたいのか?

子どもたちは、本能に忠実で
娘は〇〇ちたいの!
〇〇なの!と
ハッキリわかっているので
ほんと、子どもの方がすごいなぁ!と
毎日驚かされています(^^)

話がそれそれでしたけれど
進級、進学おめでとうございます!
これからの毎日、めっちゃくちゃに楽しめますようにー!
ハッピーパウダーー(◍´꒳`)b

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる