自分の汚いことばを飲み込む

みなさんおはようございます、こんにちは、こんばんは!
まあいっか!で子育て。
お馴染みのいずみんです(^^)

みなさんは、暴言を吐きたくなったことありますか?
私は、たくさんあります。
それこそたっくさん!
くっそー!このやろー!
って頻繁ではありませんが
やっぱりあります。

まえはね、思ってるなら口に出したらええやん。って思ってました。
言わなかったら伝わらへんやん?って
たしかに。一理あるんですけどね…
言ったあと、気持ち悪くなって
全然スッキリしなくて
更に怒りが増幅してることに気づいて…。

それって言う意味あるんかな?って少し
考えるように。
悪口は誰かの口を通って誰かの耳に入ることもある
思ってもないこと言われることもある。

だけど、私が同じことをしなければ
悪口を言う人と同じレベルにならずに済む。
言いたい時は
ほんとに信頼してて外に漏らさない人に。
誰かにコソコソ言わない人に
言いたくなったらこそっとね。

寝たら、忘れる
寝たら、嫌なことは水に流す
少しずつ出来るようになってきた。

たまに思い出すことはあるけど
それは、幸せな未来を向いてない時に
わいてくるのだ。

水に流せる
相手を許す。
ことは、感情の断捨離になるし
自分を許す=緩す(緩める)ことになる。

だから、わたしは
幸せな未来を選んでいくのに
過去の嫌な思いは要らない。
そういうことがあったな。

くらいに未来で思えたらいい。
その出来事があったから
今の自分があるから
たのしみを分かるために
自分にとっての幸せが
何かわかるために。

いまは、そう思えない自分がいるけど
水に流す。って決めたから
許すって決めたから
今日から考えないように
未来のたのしみを積み重ねられるように。
わたしは、今日も生きています。

そう、汚い言葉を飲みこんで
ありがとう!そうだったのね。で
何とかいけますよ笑

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる