話すことは、「放すこと」

毎日滝のような雨が降る地域に住んでいる
いずみんです。
川が増水し過ぎて、遠目から見ていても
恐怖を感じます。
あーこれに飲み込まれたら
助からないんだろうなぁ……
近寄らなくても、少し近くに行って
足を滑らせて川に落ちたらどうしよう?

などと、そういうことを想像して
怖くなってしまっている私がいます。
きっと川には近寄ってなくても、
川の近くを歩いてて滑って、川に落ちた
みたいな人もいるんだろうな。と

なので、そんな日はそれこそ
不要不急の外出をせず
ステイホームな日がいいのかな?なんて……

さて、最近のわたくしはと言いますと
星読み通りと言いますか
断捨離したり
要らなくなったものを整理したりと
心地よく過ごすために
住んでいる環境から整えているところです。

心がときめく片付け魔法のこんまりさん
が言っていた
「好きな物で満たされる空間」
を少しずつ作り上げていっている最中という所でしょうか。

やはり、
「昔」必要だったものが
「今」必要か?
問いただすと、ハッキリと
「必要」「不必要」に分かれますねー笑
面白い!
あの時絶対必要で手放せなかったものが
こうも数年で「不必要」なものになるとは……

私自身信じられません。
だってあんなに必要だったのに(๑°ㅁ°๑)‼
これには大きな変化があります。

私の価値観の変化と言いましょうか?
物に対する価値観が
確実に変わってきているのです。

もちろん、ブランド物相変わらず
大好きなんです!けども笑
それ以上に、感情を大切にするようになったのですよね。
その物が
100円均一で買ったものであろうと
CHANELで買ったものだろうと
感情がそれを手に入れた時
「幸せー」「うれしい」「ワクワクする」
にフォーカスするようになっていて。
何だか、むかし何でもブランド物がいいなぁーと思っていた頃とまた違う価値観になってきたなぁと。

これは、こういう話を友人とするようになってからなんですよねぇ。
私にとって「話す」という行為は、「放す」と同じだと。
物そのものに向けられていた視点が、話すことによって手放せたんだと。

「ブランド物は素晴らしい」
特にハイブランドのものは、名前も物もいいもので波動も素晴らしい!というのは変わらないのですが、それを持つ私の感情にもフォーカスできるようになったのは、ブランド物の価値を私がある意味手放したから。だと思っているんです。

ブランド物だから欲しい!から
私が持ってて気分がめちゃくちゃ上がるから欲しいへ。
自分の感情を大切にできるようになったから
私自身を大切にできるようになってきたから
変わってきたのかな?と感じている次第です。

「話す」事で「放す」「手放す」ができている。
と思えることが最大の心の浄化につながっているかもしれません。

少し意識してみたら、意外と手放すことが出来て心も身体も楽にかるーくるかも。
試して見てくださいね(◍´꒳`)b
いずみんでした。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる