【Word Press】投稿ページと固定ページの違い・使い方

  • URLをコピーしました!
スポンサーリンク

いざワードプレスを初めて見ようと思うといろんな用語が出てきて混乱しますよね。
以前の私もそうでした。
なので、少しずつ始めようと思っている人に向けてお伝えできればと思います。
ちなみに、今馴染みがなくても、ちょっとずつワードプレスを続けて行くことでいつの間にか覚えてしまう言葉ばかりなので今覚えなきゃ。というほどのものではないです。
あー〇〇という言葉は、こんな感じね。と思ってもらえればいいかと思います。
今回は、『投稿ページ』『固定ページ』の違いを説明します。

目次

投稿ページと固定ページの違い

最初にわかっている方がいいと思ったものが、『投稿ページ』と『固定ページ』の違いと使い分けです。
というのも何を始めるにしても関係のあるものなので、こんな感じね。と思ってもらうだけで随分気持ちが楽になるものです。
『投稿ページ』『固定ページ』名前の通りですがひとつづつ、解説していきましょう。

投稿ページの使い方


『投稿ページ』・・・投稿ページは字のとおり、ブログを作成するためのページです。
「カテゴリー」や「タグ」によって分類できたりします。
なので、情報を積み重ねたり、時間と共に増えていくタイプの投稿に適しています。

例えば
・お知らせ
・ブログ(記事全般これで作ります)
・写真掲載
・作品集など
・更新される記事など

また、カテゴリーに親子関係を持たせることができるので、より細かくカテゴリー分けすることができます。

例えば
親カテゴリー(大きなくくり)・・・Fashion(ファッション関連の記事の場合)
子カテゴリー(小さなくくり)・・・Bag(バッグの紹介記事)
                 Shoes(靴の紹介記事)
                 Brand(ブランドの紹介記事)など
より、細かいカテゴリーを設定し、階層構造で分けることができます。

固定ページの使い方

『固定ページ』・・・固定ページも字の通り、頻繁に更新しなくていい(固定)ページを作成するのに適しています。

例えば
・トップページ
・メニュー
・会社概要
・プロフィール
・お問合せ
・プライバシポリシー
など

固定ページもまた、階層にすることができます。

投稿ページと固定ページの違いを知って『WordPress』をどんどん作り込んでいきましょう。

まとめ

なので私たちブログを書いていこうと思っている人は

投稿ページをどう使うか・・・ブログページを『投稿ページ』で作りましょう。

固定ページをどう使うか・・・トップページ・問い合わせ・プライバシポリシーなど更新頻度の少ないものを『固定ページ』で作りましょう。

ブログを始めたい方に役に立てますように。
以下、ブログを始めるにあたって
『読まないと損する!ブログを始める人におすすめの本〇選』
を書きました。
ご覧いただき、ぜひブログの糧にしてください。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる