クリスマスプレゼントはこちらからCLICK!

森のようちえんとは?口コミ・評判あり

スポンサーリンク

この記事はこんな人におすすめ
・森のようちえんについて知りたい人
・森のようちえんに子どもを入れようかと考えている
・森のようちえんの遊び場がどんなものか知りたい人
・森のようちえん活動を知りたい人
・いろんな遊び場がある『もりのようちえん』の可能性を知りたい人

目次

森のようちえんとは?

北欧が始まりとされる、野外保育スタイルの体験活動の総称です。
自然体験の機会を提供しようと活動する、団体や個人が増え『森のようちえん』という
呼び名が広まっています。
自然環境を生かし、さまざまな保育スタイルが行われています。

森とは

森だけでなく、海や川、野山、里山、畑、都市公園など広義にとらえた自然体験をフィールドを指す。

ようちえん

幼稚園だけでなく、保育園や・託児所・学童保育・自主保育・自然学校・育児サークル・子育てサークルなども含め0〜7歳くらいまでの乳児・幼児期の子どもたちを対象とした自然体験活動を指します。

森のようちえんの主な活動形態

自然散策、お泊まり保育、畑の活動、はんごうすいさん、などの自然体験が主な活動。

森のようちえんが大切にしていること

・自然はともだち
・自然の中で、仲間と遊び、保育者・親がともに育ち合い・助け合うこと
・自然の営みに合わせること
・保育や福祉の仕組みを理解し、日本の保育や子育て全体に貢献すること
・いっぱい遊ぶことで心と体バランスの取れた発達を促すこと。
・自然の中で遊ぶことにより、季節の移り変わりや、天気などの移り変わりに順応し、たくさんの不思議と出会い、豊かな感性を育む。
・子どもの力を信じ、子ども自身で考え行動できる雰囲気を作ること

森のようちえん活動の様子

ツイッターより。活動風景をお届けします。

森のわらべ多治見は、岐阜にある森のようちえん。
大体の森のようちえんが大自然の中で活動しています。
自然のなかでの活動が大きな成長が見られます。

森のようちえんに通っていたお母さんの口コミ

2歳から森のようちえんに通っていて、4歳になる時に引越しするまで通っていました。
息子はもちろんのこと、保育者の先生も毎日山での自然活動を楽しんでいることが印象的でした。
息子が毎日巨大な『カエル』を触り楽しんでいたり、巨木を持って帰ってきたり、
親としては『ちょっと嫌だなぁ・・・。』と思ってしまうこともしばしば・・・笑

だけど親が『嫌だなぁ』と思うことを覆させられることも多く、最終的には引っ越すのが嫌になってしまうほど、森のようちえんに親子ともどもハマってしまっていました。


木登りをして登れなくて悔しかった日に何度も付き合ってくれた先生方、お漏らししても本人が気持ち悪くなるまで待つ姿勢も、子どものしたいことを熱中していることを邪魔しない環境も、伸び伸びしている自由人な息子のはぴったりだったと感じています。

自然の中の生き物たちに『命の大切さ』を学んだり、自分のことを自分でする責任を持つ姿勢を育むこと、自然の中の一部という人間に、大切なことを自然と学べる環境が素晴らしいなと思ったのです。
また、親と子どもが育ち合う場、みんながみんなを認め合い、支え合う場であることも過ごしていて心地の良い環境であることが伸び伸び子育てできている『いま』に続いていると実感しています。

素晴らしい感想ですね。大人も子どもも育ち合う場所。
森のようちえんの考え方は『生きる力』そのものを育んでくれそうです。
子どもと共に親も育つことができるということは、幾つになっても成長するのに遅くないということですね。
自然と共生していくこと、『生きる力』を育むこと。
どちらもこれからの時代に必要な気がします。

まとめ

いかがでしたか?
『森のようちえん』のことは少しお分かりいただけたでしょうか?
詳しくは、森のようちえんネットワークの公式HPをご覧ください。
お近くの森のようちえんをお探しの際も、検索できますよ!

森のようちえん関連書籍・もっと知る

森のようちえんの子育てってどんなもの?
子どもたちは木登りが大好き!表紙から伝わってくる楽しさが本にも詰まっています。


元々北欧が発祥の森のようちえん。
デンマークの森のようちえんはどんな感じなのでしょうか?
本を読んでからのお楽しみ。
シュタイナー教育とも関係があるみたいです。

子どもの『生きる力』を伸ばしてあげたいお母さん・お父さん必見です。
家でもできる実践編も読んで、声かけや行動を一緒に行ってみましょう。
きっと、悩めるお母さん・お父さんの心が軽くなる一冊になるはず。

日本ブログ村 ランキング参加しています。
お役に立てれば嬉しいです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

ブログの更新情報やライフハックを発信中
Twitter→@izumincomcom

いずみんのおすすめを幅広くまとめています
楽天room→いずみんのroom



スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる