クリスマスプレゼントはこちらからCLICK!

[全部無料!]激痛の生理痛を改善させた 体験談

  • URLをコピーしました!
スポンサーリンク

この記事はこんな人におすすめ
・生理痛がひどい人
・生理痛を改善したい人
・生理痛の改善策を知りたい人
・薬を飲まずに改善した方法を知りたい人
・薬を飲んで改善した方法を知りたい人

毎月億劫だよ・・・。女性の生理なくなればいいのに・・・。
痛みどめ、飲まずに過ごす方法はないかな?
生理痛って改善できるのかな?
どうしたら、生理が楽になるんだろう・・・
経血が多すぎて、毎回漏れるのが心配
夜、経血が漏れてシーツが毎回汚れる

こんな悩みはありませんか?

実は、私も生理が始まった頃から20代前半まで、ひどい生理痛持ちで、電車で倒れたり、学校で倒れて起き上がれなくなって救急車を呼ぶ騒ぎになったことがあるほどなんです。

しかし、今はある方法で、毎月の生理痛がなくなり、しかも生理の日数が3〜4日と短く、経血もすくなく漏れることを心配しなくていいほどストレスフリーになれました。

この記事は、私の実体験をもとに生理痛改善し、ストレスフリーになった方法をご紹介します。
これを読んで、少しでも「生理痛」を楽にしましょう!

目次

生理は女性にとって大切な現象

生理について知っていますか?
身体が自然のメカニズムに沿うと月に一度、女性の体は卵巣から卵子という卵を子宮に送ります。
その前後に、精子と出会い受精すると受精卵となり、それが子宮へ到達しベットに着床し、育ち心拍が確認されると妊娠した。ということになります。
子宮は精子と卵子が出会って受精卵を育てるために子宮にフカフカのベットを用意します。
それが、必要ない場合(受精卵を着床しなかった場合)は、ベットが子宮の外に排出されます。
それを、『生理』と呼んでいます。

なので、生理があるということは、赤ちゃんを育める体の基礎があるということになります。
ただし排卵していなくても、生理があるという現象がありますから、生理があるから妊娠するというわけではなさそうです。

生理痛で救急車!?

あれは、高校生の時職員室前のトイレで倒れてしまった時のこと。
周りにはふざけていると思われていましたが、
普通職員室前でふざけて倒れないやろ・・・。
しかもトイレ前の汚いところで・・・・というのが今の気持ちです。

当時、ひどい生理痛に悩まされていましたが、病院に行っても『生理が安定したら痛みは落ち着くから』と言われ、ずっと病院から処方されるお薬を飲みながら痛みと生きていたわけなんですが、痛いけど薬を飲めば楽になるしということで、普段通り過ごしていたのですがその日は違いました。
薬を飲んだのにひどい痛みで倒れてしまい、起き上がれなくなり、救急車を呼ぶ大事になってしまいました。

診察の結果は、『特に問題なし』
ぶっ倒れたのに、問題なし。

その考察が問題ありと思うのですが、
当時の私は、初めてそこで自分の『生理痛』と向き合うことになったのです。

生理痛の原因は?

いろんな説はありますが、『冷え』は大きな原因の一つです。

当時女子高生ですから、『ジャンクフード』『フラペチーノ『アイス』などなど友達たちとのお付き合いは、
『マッ○』『ス○バ』が日課のようでした。
学食で、ポテトと唐揚げセット。
部活に行って飲むものは冷えひえのスポーツドリンク、
部室で、ポテチと炭酸飲料
家に帰ってシャワー

今思えば、身体が冷えることしかしてなかったのですが笑
基礎体温は35度。
そりゃあ、生理痛ひどいでしょ!と今ではわかるのですが
若気の至りで、わからなかったんですよね・・・。

向き合った時に、自分の食生活と基礎体温と向き合ったのです。
救急車に乗ったあの日から私の体質改善は、始まりました。

『冷え』改善するためにしたこと

・ジャンクフードなるべく食べない
・お風呂にゆっくりじっくり入る
・冷たい飲み物取らない
・夏でも温かい飲み物優先
・足首冷やさない
・腰を冷やさない
・痛みどめではなく、食養で改善
・筋肉をバランスよくつける
・基礎体温を上げる
・小麦製品を避ける
・冷えている箇所を温める(鍼灸・ホッカイロ・足湯など)
・身体のことに関する勉強(食養・マクロビ・漢方・ホリスティックな考え方など)

アイスクリーム(本物のアイスクリームではない)が毎晩だった私の体は冷え切っていて
本来の身体の力が発揮できない状態になっていました。(と言っても、それだけが原因ではありません)
上記に書いてあることを基本にし、今までの食生活を改め、身体の中から温められる体つくりをしていきました。

すると効果は3ヶ月後から現れ始め、生理痛だけでなく、生理の質も大きく変わっていきました。
1年後には基礎体温が36度代になり、今では37度前後まで体温が上がっています。
だらだら1週間続いていた出血も3−4日になり、ドロドロしていた経血もサラサラで量が少なくなりました。

そして、大事な妊娠前の期間には、漢方を飲み始め一気にデトックスすることになり、無事すぐに妊娠することもでき、安産で出産することも叶いました。

意識的に、自分の身体と向き合う時間を作る

救急車で運ばれることがなければ、気づかなかったかもしれません。
自分の身体を良くするのも・悪くするのも自分自身だということに。
若いと、基礎代謝もあって不調に気づきにくい方も多いかもしれませんが、『生理痛』はなくてもいいもの。なので身体からのシグナルなのかな?と思います。

あなたの日常の、痛みやだるさは、ストレスやホルモンの乱れからきているかも?
自分の体と心に向き合うと少し今よりストレスフリーな毎日が過ごせるかもしれません。

安定するまで、ピルを飲む方法もある

私は飲んでいませんでしたが、友人が『ピル』を飲むことで、『生理痛』から解放された。と言っていましたので、痛みを減らし・経血量を安定させる・定期的に生理が来るようにする。という点では、飲んでよかった。と言っていました。
しかし当時は、婦人科にかからないともらえなかったので、ハードルが高かったと思います。
今は、便利になってオンライン診療があり、宅配で家まで届けてくれるので、利用者が右肩上がりに増えています。
医師の診察を受けてからの処方ですし、匿名配送のところもあるので安心です。

もすこし勉強して上記以外の『ピル』のオンライン処方の記事をアップデートしようと執筆中です。
もう少しお待ちください。

まとめ

今回は、私自身の『生理痛』のお話でした。
救急車で運ばれるほどの、『痛み』から解放され、今は3〜4日で痛みなく終わり、周期も安定しているおかげで、お肌の調子も昔より良くなっています。

無料でできる、改善案をご紹介してみましたのでぜひ実践してみてくださいね。

生理痛改善するためにしたこと
・ジャンクフードなるべく食べない
・お風呂にゆっくりじっくり入る
・冷たい飲み物取らない
・夏でも温かい飲み物優先
・足首冷やさない
・腰を冷やさない
・痛みどめではなく、食養で改善
・筋肉をバランスよくつける
・基礎体温を上げる
・小麦製品を避ける
・冷えている箇所を温める(鍼灸・ホッカイロ・足湯など)
・身体のことに関する勉強(食養・マクロビ・漢方・ホリスティックな考え方など)
*共通して言えることは、身体を冷やさないということ。です

少しでもあなたの悩みが楽になりますように。

フォロー待ってます

いずみんブログ - にほんブログ村

ブログの更新情報やライフハックを発信中
Twitter→@izumincomcom

楽天ROOMに愛用品を登録しています↓↓

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる